ち夫婦の宿日記



 宿泊メモ
宿泊日 :2019年9月中旬
予約  :じゃらん
プラン :スタンダード
    :(夕食のみ)
部屋  :佳日庵 山法師
風呂  :温泉露天風呂付き
料金  :1人21,560円
    :(税込)
支払い :現金(カード不可)
部屋数 :11室
貸切風呂:なし
チェックイン :14:00
チェックアウト:11:00


到着編  部屋編  夕食編  最後に   宿りすと 

部屋は「山法師」
ロープウェイのしらび平駅まで行く、バス乗り場「菅の台バスセンター」近辺の宿を探していて見つけました。

部屋に露天風呂が付いて2万円ちょっとだったので、それほど悩むことなく決めました。

部屋は和室だけなので、布団を敷いて寝ることになります。今までの宿は、ほとんどベッドのある部屋ばかりを選んでいたので、宿に泊まっての布団は久々かな。

間取りは、10畳の和室とテーブルと椅子が置かれた2、3畳ほどの広縁、それと温泉が引かれた露天風呂になります。
内風呂はないけどシャワー室があるので、体を洗うために大浴場に行く必要はないかな。

部屋に入るとすぐ、茶器類の置かれた棚と冷蔵庫、左側にはトイレがあります。


和室には定番の座卓と、私の苦手な背もたれが直角の座椅子。

部屋の鍵は2つ、この2つの鍵には磁石があって、このようにくっつきます。
山法師を「やまほうし」と読むのだと思っていたのですが、ローマ字を見ると「ほ」ではなく「ぼ」なんですね。 「やまぼうし」という花の名前だったみたい。

窓からは目隠しのための板塀があるので、座っていると外はほぼ見えません。

広縁の向こうのテラス、天気がよければ綺麗な星空が見えると思いますが、あいにくの天気で残念。

洗面所は一人専用。

洗面所のすぐ奥がシャワー室、更にその向こうが露天風呂ですね。

シャワー室も一人専用です。

8角形の露天風呂、二人で浸かっても大きさは十分。

お湯は掛け流しではなく循環式です。泉質はアルカリ性単純温泉、匂いはほとんどないですが、ヌルっとした泉質がいいですね。

到着編  部屋編  夕食編  最後に   宿りすと 

和みの湯宿 なかやま
〒399-4117
長野県駒ヶ根市赤穂35-6  https://yuyado-nakayama.com/