ち夫婦の宿日記



 宿泊メモ
宿泊日 :2019年4月中旬
予約  :一休.com
プラン :スタンダード
部屋  :椛(もみじ)
風呂  :温泉露天風呂付き
プラン料金:1人29,160円(税込)
支払い :オンラインカード決済
部屋数 :20室
貸切風呂:あり(無料)
チェックイン :15:00
チェックアウト:10:00


到着編  部屋編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 

島根から鳥取、2泊目の宿
2日目の宿「さぎの湯荘」は、島根県安来市の鷺の湯温泉にあって「足立美術館」のすぐ前、徒歩1分のお宿です。鷺の湯温泉といっても、賑わった温泉街がある訳ではなく、3件の宿があるだけの小さな温泉地です。

予約した部屋はもちろん露天風呂付き、手入れされた庭もあり、露天風呂の横には足湯も付いています。

佳雲」を出発してから宍道湖の北側を通って、松江城、美保関灯台を観光、そして本日の宿「さぎの湯荘」に向かうルートです。

「さぎの湯荘」に到着したのは午後4時半頃、お風呂に浸かってゆっくりしてから夕食、ちょうどいい時間ですね。

歴史がありそうな昔ながらの古民家風の建物といった感じです。

中庭の見えるロビー(ラウンジ)に案内され、ここでお茶をいただきながらチェックインを済ませます。

きれいに手入れされた中庭です。
無料で利用できる貸切の露天風呂も、この時に予約しました。早速浸かりたかったけど、空いていなかったので、夕食後の8時に予約しました。

部屋は1階の一番遠い場所にあり、クネクネと通路を通って案内していただきました。

何も考えることなくスタッフさんの後をついて行っただけなので、部屋に着いて一段落してから考えてみると、果たして予約した貸切風呂まで行けるか、ちょっと不安になりました。

そう、予約した「椛」の部屋は一番遠いんですね。


※図をクリックすると拡大します。

到着編  部屋編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 

鷺の湯温泉 さぎの湯荘
〒692-0064
島根県安来市古川町478-1  http://www.saginoyusou.com/