ち夫婦の宿日記



 宿泊メモ
宿泊日 :2019年4月中旬
予約  :じゃらん
プラン :早期割14プラン
部屋  :和洋DXトリプル
風呂  :温泉露天風呂付き
プラン料金:1人28,080円(税込)
支払い :カード
部屋数 :60室
貸切風呂:あり(無料)
チェックイン :15:00
チェックアウト:11:00


到着編  部屋編  夕食編  朝食編  最後に   宿りすと 

402号室(和洋DXトリプル)
予約したのは、3つのベッドがある3人まで宿泊できる部屋です。露天風呂付きとしては、この部屋が一番安く何故か2ベッドの部屋はなかったです。

早期割14のプランで、少し安くなり1人28,000円ほどですが、あまりお得感はなですね。

お風呂にはちょっと期待外れ、HPに載せてある写真とはまったく別物だったし、露天ではないですね。

エレベーターで4階まで上がると、すぐ目に入るのがこの「月見台」。2匹のうさぎとソファーが置かれた広めのテラスがあります。夜はここから綺麗な月が見れるんでしょうか。

今まで色々な宿を訪ねたけど、これは初めて。自分に合いそうな枕をここで探して、部屋に持ち込んでもOKってことかな。
でもこれって誰でも手に取ることができるし、ひょっとすると一旦部屋に持ち帰って、合わないから取り替えるって人もいる??と考えると使用するのも考えてしまいますね。

「月うさぎ」と書かれた行灯が置かれた通路、ちょうどその前が私たちの部屋になります。月見台のすぐ横です。

玄関から入って最初の小さなスペース。ここでお湯を沸かしたり、洗面もあるので手を洗ったりかな。 冷蔵庫はここにあります。

畳の上に置かれたローベッドが、3つ並んでいます。手前の2つを使用しました。

居間には小さめのソファー、一応3人分ですかね。横はテラスになっていて椅子も置かれています。

テレビは30数インチほど、テレビの横にある白い箱は空気清浄器です。

寝室から見るとこんな感じ。テラスには目隠しのためにブラインド状の板が嵌まっているため、室内はなんとなく暗めな感じがします。
なので、テラスから外の景色もよく見えないですね。


テレビの下には茶器類と、コーヒー豆や手挽きミルがあって、自分で豆を挽いてコーヒーを淹れます。
楽しいけど入れ方が悪いのか、あまり美味しくなかった。

浴衣がどうも苦手で、必ずジャージを持って行くのですが、作務衣が用意されているのはありがたい。

お風呂セットですね。もちろん2つあります。
館内には大浴場の他に、5つの貸し切り風呂があって、空いていればいつでも利用できるので、その時にこのお風呂セットの出番です。

洗面所は2人一緒に使えますね。
兼脱衣所なので横のお風呂に入るときは、ここで服を脱ぎます。

いつもは大浴場に浸かりに行って体を洗うのですが、なんだか今日は人も多そうだし今回はシャワーだけで済ませます。

HPでは露天風呂と紹介されていて、石造りのお風呂が小さな庭にある写真だったけど、その写真とはまったく違うもので、どう見ても露天でもないですね。
違う部屋の写真だったのかと思って、後で確認したけどやっぱり見間違ってなかった。

少し茶色っぽく濁ったお湯で、少しヌルッとした感じの温泉です。
それにしても狭い。シャワーブース側との間にあるガラス戸って必要かなあと思ってしまいます。

到着編  部屋編  夕食編  朝食編  最後に   宿りすと 

いにしえの宿 佳雲
〒699-0721
島根県出雲市大社町修理免字本郷1443-1  https://www.hotespa.net/hotels/izumo/keiun/