ち夫婦の宿日記



 宿泊メモ
宿泊日 :2017年9月下旬
予約  :「ひふみ」公式HP
プラン :リニューアル記念特別
部屋  :露天付スイート「季」
宿泊料 :平日1人26,000円
支払い :カード
部屋数 :10室
貸切風呂:無料あり
チェックイン  :14:00
チェックアウト :11:00


到着編  部屋編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 

最後に
 宿の立地としては周囲に建物も多く、窓からの景観はあまり良くないですが、真新しい部屋の感じや、肌がツルツルのお風呂、美味しい料理にとても満足しました。

 感じのいい若いスタッフさんで、接客や対応に関しても良かったと思います。帰りには、玄関前までの車の移動や、見送りもしていただき、十分満足できるお宿でした。

八方尾根トレッキング
 さて、最終日のこれからの予定は八方尾根トレッキング、標高2,060mにある「八方池」を目指そうと思ってます。いい天気なので絶好の山日和かな。
 トレッキングといっても、途中までリフトを乗り継いで行き、あとは高度差約200m、1.5Kmほどの距離を歩くだけで、ある程度道も整備されているため、ゆっくり歩けば大丈夫かなと思います。
 ちなみに、八方尾根とは北アルプスの北部にあって、後立山連峰の一部、白馬村の八方地区から、唐松岳を結ぶ尾根のことです。
 八方池までのルートは、八方池山荘までリフトを乗り継いで行き、そこから歩くのですが、八方池山荘までは2つのルートがあります。私たちは、黒菱駐車場まで車で行き、そこから2つのリフトを乗り継いで、八方池山荘に行きます。

 岩ばかりのところもありますが、このように整備された木道が続くところもあります。歩き始めてまだ30分くらい、尾根伝いによーく見ると小さくケルンが見えます。ゴールまではまだまだ。
 それにしても見事に晴れ渡りました。青い空がとても気持ちがいいです。

 八方池を見下ろせるところまできました。ここまで来ると白馬三山を含む山々が、間近に見えてきます。
 白馬連峰の中でも、白馬岳、杓子岳 、鑓ヶ岳の3つを白馬三山(しろうまさんざん)と言うそうです。

 八方池に到着です。八方池山荘から約1時間10分掛かりました。それにしても素晴らしい。風が冷たくて寒いけど、心地いいです。
 昨日行った白根山も標高2,000m以上ありますが、道路も通じて観光地のイメージです。でも、ここは違いますね。あまり人の手が入っていない自然だけの場所ですね。

 リフトの時間も含めると、往復で約4時間の「八方尾根」散策でした。さすがに疲れましたが、素晴らしい景色に出会えてとてもよかったです。このあと車で5〜6時間の運転を考えると気が重いですけどね。

ブログもどうぞ。

到着編  部屋編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 

山の郷ホテル 白馬ひふみ
〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村八方4998  http://www.hakubahifumi.jp/