ち夫婦の宿日記



 宿泊メモ
宿泊日 :2016年11月上旬
予約  :一休.com
プラン :プレオープン記念 特別価格でプレミアムステイ
部屋  :出逢い
宿泊料 :平日1人約39,600円
支払い :オンラインカード決済
チェックイン  :15:00
チェックアウト :11:00


到着編  部屋編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 

伊豆旅行3泊目は「ふたりとわに 縁」
 「ふたりとわに 縁」は、10月にプレオープンしてまだ1ヵ月の新しいお宿です。ネットから妻が見つけてきたのですが、高級な宿ということで料金はかなり高めです。でも、オープン記念の特別料金(それでも高いですけど)だったので、思いきって決めました。
 西伊豆といえば、海と富士山と夕日ですね。ちょうど10年前(2006年10月)の伊豆旅行でも、その3点セットが見れることを期待して、同じ土肥温泉にある「無雙庵 枇杷」という宿に宿泊したのですが、見事に雨でした。なので、今回はリベンジにやって来たのですが・・・。

 前日の東伊豆から修善寺を経て、西伊豆スカイラインから土肥温泉に入る、伊豆半島を東西に縦断するルートです。
 宿は土肥温泉の温泉街より少し離れた国道316号線沿いにあり、恋人岬より少し手前になります。

「ふたりとわに 縁」に到着
 雨はないけど今日1日雲の多い天気で、富士山は姿を隠したまんま。
 おかげで、予定していた富士山の見える数ヵ所のポイントでは、ほとんど時間を取らなかったため、宿へは早目の午後3時頃の到着となりました。

 館内のおおよその配置図になります。
 敷地は縦(横)長で、10棟の離れが一列に並んでいます。部屋のタイプはAからEまであり、それぞれ2部屋ずつあります。
 宿泊料金は、A<B<C<D、Eの設定で、私達はもちろん一番安いAタイプの「出逢い」という部屋に宿泊です。

 新しい宿なので、もちろんナビには載っていませんが、宿の入り口を示すこんな大きな目印があるので、通り過ぎることはないかと。

 坂を少し登ると大きな門があって、車のままこの門をくぐります。

 大きくてりっぱな門です。奥まで続く黒々としたアスファルトもまた、真新しさを感じますね。

 門からは直接宿の中が見えにくいようにしているのか、門の向こうにはこんな壁があります。

 大きなドアのあるエントランスになります。

 エントランス前にはロータリー、その向こうの駐車スペースは部屋数と同じ10台分が確保されています。
 右手の壁の向こうに部屋が並んでいますが、部屋から駐車場側へは、玄関を通ることなく出入りできる扉がありました。

 エントランスを入るとすぐ右手に、こんなスペースがありました。

 フロントです。

 フロント前のスペースがロビー・ラウンジで、広くはないですけど、10組ほどの宿なので十分なんでしょう。

 ロビーでいただきました。ウェルカムの飲み物とお菓子は、抹茶とロールケーキです。

 富士山も一望できる「結てらす」、食事処の前にあります。でも、見えませんけどね、富士山は。

 右側の「星にねがいをてらす」からの眺望が一番良さそうですが、昼間は入れません。

 ロビーから部屋に続く長〜い通路です。予約した部屋は奥から2番目になるので、と・・遠い。

 通路途中の数メートル区間だけ壁がなく、このように外が見えます。

 通路途中にはこんな丸いオブジェが数か所に置かれています。「縁」と「円」?

 長い通路を通ってやっと到着しました。

 私達が宿泊した「出逢い」の部屋です。

到着編  部屋編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 
ふたりとわに 縁
〒410-3304 静岡県伊豆市小下田1341-4  http://izu-en.com/