ち夫婦の宿日記



 宿泊メモ
宿泊日 :2015年3月上旬
予約  :じゃらん
部屋  :離れ みろくの間
プラン :特選日本海蟹フルコース
宿泊料 :平日1人34,560円
支払い :カード
チェックイン  :15:00
チェックアウト :11:00


到着編  館内編  部屋編  食事編  最後に   宿りすと 

カニのフルコース
 今回2年ぶりになるカニ旅行です。色々なプランの中から予約したのは、1人34,560円の「特選日本海蟹フルコース」プラン。10万円を超えるプランもあるので、カニのフルコースとしては安い方ですね。といっても私達には量はもちろん味も十分満足、「当分カニは見たくない。」というくらい思いっきり食べました。
 個室の食事処です。個室は全部で3つ、「じぞうの間」、「ぶどうの間」、そして「みろくの間」の宿泊客用となります。私達は一番手前の個室で夕食・朝食をいただきます。

まずは夕食から
 大きなテーブルにゆったり座っていただきます。

 食前酒として出されたフルーツワインと、妻が頼んだ梅酒のソーダ割りです。私はいつもどおりビールをお願いしました。

 白子豆腐です。あまり聞きませんが、カニの白子?なんですかね。


 「カニ刺し」は少しでいいですね。もちろん美味しいのですが、たくさんはいらないかな。

 カニに付いているタグは、色によって産地が分かるようになっているそうです。緑色のタグはは京都府丹後半島、または兵庫県香住港で水揚げされたカニらしいです。

 今回のフルコースのプランには、この「焼き牡蠣」が付いていました。

 妻の苦手な「カニ味噌」はやっぱり残していました。子供も苦手みたいですね。私もこのまま食べるのではなく、次に出てくる焼きガニのほぐした身に絡めながら食べました。

 「焼きガニ」が一番好きかも知れません。とても美味しくいただきました。

 「カニ寿司」です。特にコメントは・・・。

 「茹でガニ」も好きです。必ずカニ酢が出てきますが、私はそのまま何も付けずに食べるのが好きです。単に酢が苦手なだけかもですが・・・。
 実はこの茹でガニが出てくる前に、スタッフさんから「お持ち帰りしますか?」と聞かれました。食べきれないので、持って帰る方が多いのでしょうか。いやいや、私達は全部食べて帰るぞ、ということで出していただきました。


 「茹でガニ」は持って帰るべきだったかもですね。この「カニすき」のカニと山盛りの野菜、そしてまだその後に、カニ雑炊も待っていますから。
 結局、野菜はほとんど残してしまいました。


 シメの「カニ雑炊」、すでにこの時点で満腹状態でしたが、お茶碗に軽く一杯、不思議と食べれましたね。とても美味しかったです。でも、鍋の中には残してしまって・・・もったいなかったですね。

 最後はフルーツでサッパリと。

待ちに待った朝食
 旅行に来ると朝が早いのは仕方ないですね。いつものように露天風呂に浸かり、コーヒーを飲んで朝食の時間を待ちます。子供は朝食の時間までグッスリでした。
 食事処へ行くと用意されていました。


 朝食にはさすがにカニは出てこなかったです。もうカニは当分いいです。それにしても昨夜の超満腹感状態から一夜明けると、またいっぱい食べられるんですからびっくりです。この1泊の旅行で、また体重が増えたと妻が嘆きますね。

 食後のデザート・・・これだと、ちょっと寂しい?

到着編  館内編  部屋編  食事編  最後に   宿りすと 
蒲井温泉 いっぺん庵
 京都府京丹後市久美浜町蒲井522-1    http://www.1-pen.net/