ち夫婦の宿日記



 宿泊メモ
宿泊日 :2015年3月上旬
予約  :じゃらん
部屋  :離れ みろくの間
プラン :特選日本海蟹フルコース
宿泊料 :平日1人34,560円
支払い :カード
チェックイン  :15:00
チェックアウト :11:00

 部屋の鍵

 空気清浄器
部屋の隅の空気清浄器は、もうどこの宿でも常用品ですね。

 コーヒー

コーヒーマシンも色々あり、使い方が分からずに困ったことがありました。せめて簡単な説明書くらいは置いてほしいものです。で、ここには置いていたっけ?

3杯分だけがこんな風に置かれていて、「えっ、ひとり一杯だけ」と思いましたが、すぐ横にはカプセルがたくさん用意されていたのでひと安心です。

 アメニティ類


女性用は「PO-LAアロマエッセ」

男性用は「資生堂アウスレーゼ」が用意されていました。


到着編  館内編  部屋編  食事編  最後に   宿りすと 

みろくの間
 私達が宿泊したのは「みろくの間」という離れの部屋で、フロント・ロビーからは一番遠い部屋になります。この部屋に決めた理由ですが、今回は娘がいっしょということで、露天風呂が見えにくい位置にあることを第一の条件にしました。
部屋の間取り
 宿のHPに載っている各部屋の間取りを調べてみると、「みろくの間」以外の露天風呂は、縁側の横にあるので無理かも・・・ということで、結局この露天風呂の条件だけで「みろくの間」に決定しました。
 食事場所は部屋によって部屋食または食事処(個室)と、あらかじめ決められています。「みろくの間」は私達の希望どおり食事処だったのと、更に寝室がベッドだったので、部屋のチョイスとしては結局問題なかったですね。

玄関


 みろくの間の玄関になります。玄関前は結構広く取ってあります。

 玄関の上がり口です。バリアフリー対応ではないですが、上がり口はステップ台と手摺りもついてます。手摺りにつかまると上がるのが楽なのはもちろんですが、手摺りがあると壁に手を付かないため壁が汚れないメリットもあるんですね。

居間(和室)・縁側


 ↑ごく普通の畳の部屋です。私にとって苦手な座椅子やテーブルは普通の旅館っぽいです。
 ←冷蔵庫の上の棚には茶器セットとコーヒーマシン。

 テレビはPanasonic製の32インチと小さめで、寝室含めてテレビはこれ1台だけでした。


 ↑縁側の窓を開けると右手に「もんじゅの間」があり、そして、ほとんど分かりませんが、正面の木の小さな隙間からちょっとだけ海が見えます。横の小高い山がなければ、海が一望できると思うんですけどねえ。
 ←すぐ前の梅の木には、ちらほらと花が咲きかけていました。

ベッドルーム
 就寝時の3人の部屋割りは行く前から決まっていました。ベッドルームは妻と子供、そして私は和室の布団で一人です。でも、テレビがあるのでラッキーかも。

 部屋のスペースのほとんどをベッドが占めているので、とても窮屈な感じがします。でも、寝るだけなので問題ないです。それよりここにもテレビが欲しいかな。

水回り

 洗面所&脱衣所は・・・ひとり用ですね。

 トイレもひとり用、というかこんなに狭かったんだ?でも、きれいに掃除されて清潔でしたよ。

お風呂
 内風呂、露天風呂とも掛け流しの温泉です。お湯の色も大浴場と同じで、少し緑がかったにごり湯です。とても気持ち良く浸かることができました。
 どちらかというと、露天風呂より内風呂の方が広いです。足を伸ばして浸かるのは無理ですが、ひとりだとそれなりに寛げます。大きめの窓もいいですね。開けると半露天です。


 お湯は結構ぬるめだったので、長い時間浸かっていられました。時期的にも、ぬるめが好きな私にはちょうど良かったです。
 不満な点は浴槽の大きさと、お風呂からの眺めですね。行く前から分かってはいたのですが、浴槽の中はいわゆる体育座りの体勢でしか浸かれないし、眺めといえばすぐ前に山の斜面が見えるだけなんです。

 

到着編  館内編  部屋編  食事編  最後に   宿りすと 
蒲井温泉 いっぺん庵
 京都府京丹後市久美浜町蒲井522-1    http://www.1-pen.net/