ち夫婦の宿日記



 宿泊メモ
宿泊日 2013年10月中旬
予約  宿のHP
部屋  アイランドビュー・ヴィラ
(寝室+居間+内風呂+露天風呂)
宿泊料 平日1人35,700円《早割15》
支払い カード
チェックイン  15:00
チェックアウト 11:00

崎津天主堂
 穏やかな羊角湾を臨む崎津の漁村に建つ教会です。明治以来3回の建て直しが行われた現在の教会は、昭和9年、ハルブ神父により創建されたそうです。尖塔の上に十字架を掲げた重厚なゴシック様式で、その堂内は畳敷きになっています。

大江天主堂
 小高い丘の上に建つロマネスク様式の天主堂。昭和8(1933)年にガルニエ神父と地元信者が協力して建てたそうです。優美な白亜の外観と、館内のステンドグラスや大木版画は見ごたえがあります。

イルカウォッチング
 通詞島周辺の海には1年を通じて約200頭のミナミハンドウイルカが定住しています。ミナミハンドウイルカは普通3頭〜15頭で群れを作りますが、ここでは50頭〜100頭以上の大きな群れを作ります。朝方は通詞島の東、昼には小亀灯台の周り、夕方は通詞島の西へ移動するパターンが多いようです。


到着編  部屋編  館内編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 

天草 天空の船
 3年前の九州旅行の宿探しの時に、気になる宿としてチェックしていた「ホテル竜宮 天使の梯子」のHPから、同系列の宿ということで、ここ「天空の船」へのリンクを見つけて、最終的に2泊目の宿に決定しました。
 「天空の船」はこの夏(2013年8月)にオープンして、まだ2ヶ月ほどの新しい宿、天草五橋の5号橋のすぐ近くの小高い丘の上に位置し、オーシャンビューのパノラマが広がる絶景の宿です。部屋は全15室、うち離れが3棟で、この離れの露天風呂の写真が決め手となって、宿泊料は少し高いですがここに決めました。

手塚Ryokanから天草へ


 朝9時頃に手塚Ryokanを出発、今日の目的地である天草の宿「天空の船」を目指します。
 鹿児島から天草へフェリーで渡り、東シナ海を左に望む海岸線を走って宿に向かいます。

 鹿児島から天草を最短で結ぶフェリー(蔵之元〜牛深航路)に乗って、天草まで約30分の船旅です。快晴で海もきれいで心地よい風に当たりながら、ちょうどいい休憩タイムです。

 天草に渡って最初に立ち寄ったのが「崎津天主堂」、次にここ「大江天主堂」です。小高い場所にあり登って行くと、青い空をバックに真っ白な教会が見えてきます。教会の中は自由に見学できるようですが、今日は休館日ということで、中に入ることはできませんでした。

 天草の通詞島周辺にはたくさんの野生のイルカが生息していて、高い確率でイルカたちを見ることができ、何隻ものウォッチング船が出ています。これは是非体験してみたいということで、イルカたちと出会えることを期待してやってきました。
 この日は風が強くて波も高く、船がかなり揺れて立っていられないほどで、写真を撮るのも大変でしたが、約1時間の間、次から次へと現れるイルカたちに感動しっぱなしでした。

天空の船に到着
 今年の8月にオープンしたばかりで、当然ナビにも登録されていませんが、天草五橋の5号橋のすぐ手前ということで、迷うこともなく午後4時過ぎに到着しました。
 「天空に浮かぶ豪華客船をイメージした・・・」と、この宿のコンセプトにあるように、確かに船の形に見えなくはないですね。それにしても立地は最高です。雲仙・天草国立公園の中にあって、半島の高台、絶景のポイントに建てられています。
 駐車場はこの手前にあるのですが、駐車場に入るとすぐにスタッフがやって来て、ロビーまで案内してくれます。母屋と呼ばれるこの建物の1階がロビー、フロントになります。

 母屋の1階のロビー、フロント入口の壁に「天空の船」の文字が・・・文字まで浮かんでます。すぐにチェックインの手続きをして、予約していた「アイランドビュー・ヴィラ」へ向かいます。

 母屋から半島の先近くまで細い道が約300mほど延びていて、その道沿いに3つの離れが点在しています。
 「アイランドビュー・ヴィラ」は2棟あって、Aがサンセットを望むタイプ、Bが私たちの予約した天草五橋を望むタイプとなります。
 半島の先にある1棟だけの「パノラマビューヴィラ」は一番広くて値段も一番高い部屋です。


 これが私達が宿泊する「アイランドビュー・ヴィラ」です。道側には窓らしきものはなく、部屋の中はほとんど見えないようになってます。

 離れのヴィラ宿泊者には、滞在期間中専用のカートを貸してもらえます。送迎していただくより、自分たちのタイミングで自由に移動できるのでいいですね。


到着編  部屋編  館内編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 
松島温泉 天草 天空の船
 熊本県上天草市松島町    http://www.tenku-f.jp/