ち夫婦の宿日記




到着編  部屋編  風呂編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 

長者原(ちょうじゃばる)温泉
 私達は部屋に十分広い露天風呂が付いているので利用しませんでしたが、部屋のお風呂以外にもトライアル温泉郷内には、大浴場や大露天風呂そして、5種類の貸し切り風呂があり、宿泊者はすべて無料で入ることができます。もちろんすべて源泉掛け流しです。
 今回は、大浴場や貸し切り風呂を利用していないので、紹介するのは部屋に付いている内風呂と露天風呂のみです。
 長者原温泉のお湯は少し緑っぽい色のにごり湯で、泉質は炭酸水素塩泉、全国的に珍しい長者原ならではの泉質だそうです。

内風呂
 ここは風呂場というよりも、お風呂のある1つの部屋といった感じです。中に入ってまず目に付くのが白いベッド、もちろん濡れても大丈夫な素材のようです。浴槽は二人で浸かるには十分の広さがあります。もちろんお湯は掛け流しの温泉で、湯加減もちょうど良かったです。

 ここは顔や手を洗うところ?だと思いますが、微妙な高さので使いにくそうです。

 窓を開ければ半露天風呂ですね。「くじゅう」の山並みを眺めながら浸かれます。

 シャワールームも完備してます。体を洗うのはここを利用しました。

露天風呂
 一番気になっていたのがこの露天風呂、実際に見ると写真よりは小さく感じましたが、それでも部屋付きとは思えないほどの広さです。この池のようなでっかい露天風呂を二人占めできると考えるとやっぱりいいですねえ。

 手前の方の色が違っているあたりはとても浅く、水深は30〜40cm程しかありません。その辺りで浸かる時は、頭を乗せ易い岩を見つけて寝湯をするのが一番かと。この深さなら小さいお子さんでも、楽しく遊べそうですね。


 部屋でガウンだけを羽織ってこの東屋まで来て、お湯に浸かった後もガウンを羽織って急いで部屋まで戻れば寒くても大丈夫かな。
 雨の時は東屋の下で浸かることになるのでしょうけど、もう少し屋根が大きく浴槽側まであればいいですね。

到着編  部屋編  風呂編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 
トライアル温泉郷 久織亭
 大分県玖珠郡九重町    http://www.kuoritei.com/