ち夫婦の宿日記




到着編  部屋編  館内編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 

最後に
 ここのお宿はなんといってもロケーションの素晴らしさですね。大自然の真ん中にあり、周りには余分な建物や明かり、そして人工的な音もありません。夜にはきれいな星が見え、朝になると鳥の声が聞こえます。
 スタッフの接客に関しても、とてもよかったです。カメラを手にしていると必ず「お撮りしましょう。」と言ってくれます。夕食や朝食の時には何枚も撮っていただきました。事務的な対応ではなく、フレンドリー感もあり、気持ちのいい接客だと思います。本当にいい時間を過ごすことができました。
 天候の悪い時の海の光景は普段見れない景色だそうですが、まずは天気のいい日に来れて本当に良かったです。また別の部屋にも宿泊してみたいですね。

「The Earth」の見える場所
 観光のために立ち寄った場所で、偶然に見つけました。肉眼では小さくしか見えませんが、本当に陸の孤島といった場所に建っていますね。
 「鳥羽展望台」から見るThe Earthです。手前に見える部屋は「御潜(みかずき)の棟」と「颪(おろし)の棟」のようです。

 The Earthから南へ少し下ったところにある「鎧崎灯台」からです。この位置から見ると断崖の上に建っているようです。

再び伊勢へ
 昨日お参りが終わった後に、やり残したことが2つあるんです。ひとつは「へんば餅」を買うつもりで、おはらい町にあるお店を訪ねたのですが、定休日だったのと、「赤福本店」で赤福を食べようと決めていたのに、あまりにも人が多すぎて諦めたことなんです。なので、もう一度行ってみようということになったのです。
 ネットで調べていて「へんば餅」が美味しいと書かれていたのを見て、これは一度食べてみなくては、と思ったんです。1個70円と案外安いので、どうなんだろうと思いましたが、美味しかったです。

 伊勢土産として「赤福」はあまりにも有名で、何度となく食べたことがあるし、わざわざ伊勢まで出向かなくても、大阪で買うこともできるのですが、本店のお座敷で食べるという雰囲気に惹かれて行ってきました。美味しいですけど、今まで食べた赤福と変わりなかったですね。赤福3コとお茶が付いて、280円だったと思います。甘党でなければ3コは多いかもですね。
 それと、相変わらず行列ができていましたが、ほとんどがお土産として買って帰る人で、中で食べるには並ぶ必要なかったです。

到着編  部屋編  館内編  夕食編  朝編  最後に   宿りすと 
御宿 The Earth
 三重県鳥羽市石鏡町中ノ山龍の栖    http://www.the-earth.in/