ち夫婦の宿日記





早朝の散歩
 朝食前に宿の周りを少し散歩に出ました。宿の前には道を隔てて白砂川が流れ、川沿いの道を歩くと見事に紅葉した山肌が両側に続いています。ここ2年ほど山の紅葉は今ひとつだったけど、今年は夏の日照時間が長かったことなど好条件が揃って、きれいな紅葉となったようです。

朝食
 朝食は囲炉裏のある別邸ではなく、本館1階の食事処でいただきます。朝8時に降りていくと、テーブル席に案内してくれました。

 私達二人のためにこんな長いテーブルにたくさんの料理を用意していただきました。

 お米は契約栽培で作っている無農薬米だそう。

 関西人(というか私)にとってありえない物がありました。食べ物に好き嫌いはない方ですが、これだけは苦手です。ほとんど食べず嫌いの「納豆」です。そういえば今まで食事に納豆が出てきた宿というのは覚えがないのですが、関東の旅館やホテルでは普通に出てくるのでしょうか。
 地元産大豆を使った手作り納豆ということで、とりあえずご飯と一緒に食べてみましたが、やっぱりダメでした。

 味噌汁は少し薄味で美味しい、私達好みです。

 新鮮な野菜の卵とじ。卵は放し飼いの地鶏の卵を使用しているらしい。

 豆腐は大正時代から続いている地元の豆腐屋さんのものらしい。

 岩魚のから揚げは、骨まで柔らかくて美味しかったのですが、ちょっと油っぽかったかな。

 最後のデザートはコーヒーといっしょにいただきました。

 食事後、ロビーで少し休憩です。旅行2日目の朝も100%満腹になりました。

囲炉裏のお宿 花敷の湯
 群馬県吾妻郡中之条町大字入山花敷温泉    http://www.aquatree.net/hanasiki/