ち夫婦の宿日記



 宿泊メモ
宿泊日 2012年10月下旬
予約  じゃらんから予約
部屋  深山亭(約58平米)
宿泊料 平日1人25,200円
支払い 現金(カード不可)
チェックイン  14:00
チェックアウト 11:00

戸隠そば
 戸隠は年間の平均気温が8.6度と低く、昼夜の温度差の激しい高冷地にあって、旨いそばが生育する条件を全て満たし、香り高いそば独特の風味を多く含む美味しいそばになっている。
 戸隠そばは地元の名産根曲がり竹で編んだざるに、水を切らずに、ぼっちもり(そばをひとつまみずつまとめ、馬蹄形に五つに盛り分けた独特な盛り方)にして出されます。

奥社参道の杉並木
 参道の中間地点にある 隨神門 を過ぎると杉並木に変わりますが、この杉並木は400年ほど前に植えられたもので、奥社に向かって約500メートル続きます。


2012年信州旅行  1泊目「湯宿せきや」 2泊目「花敷きの湯 3泊目「ホテル・ラパン

再訪
 2012年10月下旬、去年に引き続き今年も1泊目の宿に「湯宿せきや」を選びました。去年は体調不良で温泉にも満足に浸かることができなかったこと。また、妻は夕食中に気分が悪くなり、途中で食事を切り上げて、しばらく部屋でダウンしたこと。など、十分に満喫することができなかったので、じゃあ今年もう一度ということになったのです。それと、あの部屋で、あの食事で、あの値段だったらいつか再訪もありかな、とも思っていたのです。

戸隠へ
 戸隠も昨年に引き続き再訪となります。さすがに戸隠は気温も低くて寒く、おまけに雨になってしまいました。
 さて、昼食は少々の待ち時間は覚悟して、中社の近く、戸隠そばではかなりの人気店「うずら家」さんにしようと決めていたのですが、残念ながら定休日、いきなりつまづいてしまいました。他は考えていなかったので、車で入り易かった 戸隠そば苑 というお店に入りました。
 店に入るとすでに数組の方が待っていました。名前を書いてから15分ほどで席に案内されました。寒かったので温かい蕎麦にしたかったのですが、美味しく食べるにはやはり冷たい蕎麦。精進天ざるそば(上写真)と そばだんご を注文しました。どちらもとても美味しかったです。

 去年のもうひとつの心残りが奥社への参拝、参道の中間地点まで来て断念したことだったので、戸隠神社もリベンジとなった訳です。
 今年は体調万全なのですが、あいにくの雨、傘をさして奥社までの片道約2Kmを40分近くかけて歩きました。中間点を過ぎてあの大きな 杉並木 を抜けると、だんだんと勾配がきつくなり、最後数百メートル続く 石段 は結構辛かったです。

ふたたび「湯宿せきや」へ
 到着は午後5時頃、宿の前の駐車場に車を入れるとすぐにスタッフが来て車を誘導してくれました。確か去年は到着が早かったせいか、車を止めてから玄関に入り、声を掛けるまで気が付いてもらえませんでした。
 それにしても今年は紅葉がとてもきれいです。駐車場の モミジ がとてもきれいに赤と黄色に色づいていました。
 玄関を入ると「いつもありがとうございます。」と言われ、去年宿泊したこともちゃんと把握しているのかなと、常連さんみたいで気持ちよかったです。
 ロビーでチェックインの手続きをと思っていたのですが、すぐに部屋に案内していただきました。これも2度目ということだからですかね。煩わしさもなくてありがたいです。

 部屋に入ってすぐに用意していただいた小さ目の大福、午後5時を過ぎて小腹も空き、ひと口でいただきました。甘さ控えめで旨い。

上林温泉 湯宿せきや
 長野県下高井郡山ノ内町上林温泉    http://www.yuyadosekiya.com/