ち夫婦の宿日記



風の森
 佐賀県武雄市西川登町小田志17275    http://www.kazenomori.biz/
到着編  部屋編  夕食編  本館夜編  朝編   宿りすと 
 風の森は2005年に誕生し、「二人旅」をコンセプトにした大人2名専用の宿です。 部屋はすべて離れ形式、7棟だけの小さな家が山の斜面に点在していて、食事の時など本館との移動は カートで送迎してもらいます。
 立地的には自然に囲まれた山の高台にあって見晴しも良く、ゆったりと滞在できます。 ただ、近くに高速道路(長崎自動車道)があり、部屋の中はとても静かなのですが、露天風呂に浸かっていると 車の音が少しだけ気になりました。
 大人専用ということで、中学生以下の宿泊は不可となっていて、私達には静かに過ごせてとてもありがたいです。

 朝6時に家を出発、そして本州最西端の関門橋の下にある壇ノ浦PAに着いたのが午後2時頃、ここまで8時間 かかってやっと九州の入り口まで来ました。
 関門海峡の下を通る関門トンネルには、車のほかに人が歩いて通れる トンネルもあるのですが、ちょうどこの期間トンネルの改修工事中で、全面通行止になっていました。 ここのPAからも徒歩で行けるそうなので、少し中を歩いてみたかったのですが残念です。
 それにしても今回の旅行はいい天気が続きそうです。ではもう少しがんばります。

 いよいよ次の嬉野ICで高速を降りるともうすぐ・・と思っていると、ナビが「まもなく目的地に到着です。」 ???と少し惑わされましたが、特に迷うことなく無事「風の森」に到着しました。 時刻を見ると午後4時過ぎ、家から約10時間かかりました。

 本館の玄関です。出迎えのスタッフの方に案内されて、玄関を入った正面のフロントですぐにチェックインの 手続きをします。
 すぐにお茶を出されて記帳を終えると、ゆっくりする暇もなく、すぐにカートまで案内されました。 お茶もひと口飲んだだけで、写真を撮る暇もなかった。もう少しロビーでゆっくりしたかったです。

 このカートに乗って部屋まで移動します。2台あってもう1台は白っぽい色だったと思います。
 このカート、今の時期でも夜はけっこう冷え込んで、食事の時は乗り込むと膝掛けをしていただいたのですが、 真冬になるとどうするのかと心配してしまいました。

 さっそく乗り込んで部屋まで出発です。部屋までの距離はそれほど遠くはないようですが、 かなり急な坂のところもあり、カートは必須です。 でも、雪が積もるとカートも怖そう。チェーンを巻くのでしょうか。それともスタットレス?
と、勝手に思ってしまいましたが、雪が降ることはほとんどないそうです。ある方からご指摘をいただきました。 m(__)m

 もう少しすると木々の葉ももっときれいに色づくのでしょうか。 気候のいい時期だと本館までの下り道を散歩がてらに歩くのもいいかもしれません。

到着編  部屋編  夕食編  本館夜編  朝編   宿りすと 
風の森
 佐賀県武雄市西川登町小田志17275    http://www.kazenomori.biz/