汀渚 ばさら邸
 三重県志摩市阿児町    http://www.basaratei.com/
到着編  館内夜編  部屋編  風呂編  夕食編  朝編   宿りすと 
ばさら邸はライトアップされた夜がとてもきれいだったので、館内の紹介は夜の写真だけを集めてみました。

部屋は全部で15室、ロビーとフロントのある2階に「灯の棟」と「空の棟」の8室、その1階部分には食事処の 「魚(さかなへん)」があります。そして無名庭を挟んだ向かいの1階に「汀の棟」、「風の棟」の5室、 さらに離れ的な「杜の棟」の2室があります。

■車寄せ
真ん中に木が一本植えられている宿の前の車寄せ。 コンクリート敷きで、駐車場から続くロータリーになっています。

■宿への入り口
宿のHPにある写真と同じように撮って見たけれど、あまり上手く撮れませんでした。
この奥に玄関があります。

■フロント
キャンドルの灯されたフロント、チェックアウトは奥にあるテーブルで行います。
右手にはロビーが続きますが、人がいたためロビーの写真は撮れませんでした。

■おみやげ処
フロント横におみやげ処があります。
部屋に置いてあった宿のパンフレットに紹介されていたお菓子が美味しそうだったので、ここで買って 帰りました。
生姜を使った薄いクッキーのようなお菓子で、6枚入って1200円(1枚が文庫本大の大きさ)でした。
でも、味見できていたら多分買わなかった。

■リラクゼーションルーム
静かなBGMが流れていて、右側の椅子は座り心地もよくリラックスできます。 ライブラリもあり、貸切風呂に入ったあとの小休止にちょうどいいかも。

■リラクゼーションルーム
椅子に座り正面の庭を眺めながらゆっくりと寛げます。

■無名庭
竹を中心に植えられた宿の中庭を「無名庭(むみょうてい)」と呼んでいるようです。

■風の桟敷
無名庭から汀の棟・風の棟の回廊を行くと、周りに池のある半円形のテラスがあり、 ここを「風の桟敷(かぜのさじき)」と呼んでいます。
夜になるとライトアップされて、テラスにはキャンドルが並べられ、何かの舞台のよう。 ここは館内で唯一喫煙のできる場所となっています。

■杜の棟
杜の棟は2階とほぼ同じ高さの場所に建てられ、風の桟敷のすぐ横の階段を上がります。

■杜の棟からの景色
杜の棟の階段の上から見ると、手前に風の桟敷、その向こうに無名庭が見えます。

■部屋への入り口
手前が今回宿泊する部屋「杜の壱」、奥が「杜の弐」の玄関になります。


到着編  館内夜編  部屋編  風呂編  夕食編  朝編   宿りすと 
汀渚 ばさら邸
 三重県志摩市阿児町    http://www.basaratei.com/