部屋の名前は「室生」
宿のHPを見ても106号室としか書かれていなかったので、名前はないものと思ってました。

部屋の中まで見える?
貸切風呂の途中で撮りました。外からは部屋の中までよく見えて、障子を開け放したままで 過ごすのは少し抵抗があります。

アメニティ

帯解
「おびとき」とよむのでしょうか。調べると「子供の付け紐(ひも)をやめて普通の帯を 使い始める祝儀。男は五歳、女は七歳の・・・・。」のことらしい??

奈良偲の里 玉翠
 静岡県賀茂郡東伊豆町    http://www.gyokusui.jp/
到着編  部屋・風呂編  夕食・朝食編   宿りすと 
部屋は8畳の居間と6畳の寝室で、ロビーの方向と竹林側に広縁があります。 部屋自体は思っていたほど広くなかったけれど、真っ白な障子やふすま、それに真新しい 畳の匂いはとても気持ちがいいです。広縁にでれば中庭や、宿の全景を見渡すことが できます。

離れ106号の玄関前、ドアは引き戸になっています。

玄関を入ると正面に居間と寝室へのドアになります。左へ行くとトイレ、洗面所そして 露天風呂へと続きます。

宿の予約サイトなどの口コミで指摘されていたこのビニールスリッパ(前に106号室と プリントされている)ですが、「宿の雰囲気に合わない」とか「トイレのスリッパのよう」 などと書かれていたので、ひょっとして改善されているかと思っていたけど・・残念!

正面にロビーや中庭があり、左側は竹林になっています。

テレビの置き場所は床の間以外になかったようです。 床の間には陶器や活け花などを飾るべきではないかと。

部屋いっぱいに置かれたベッドはちょっと窮屈な感じがします。

広縁に置かれた椅子に座って外の景色を眺めるのはいいのですが、他の部屋やすぐ下を 通って貸切露天風呂に行く人がとても気になります。なのでテーブルと椅子を竹林側の 広縁に持っていきました。

洗面スペース兼、脱衣スペースです。すぐ横が露天風呂になっているため、 ここに脱衣かごがあります。

部屋の露天風呂は樽型の浴槽、それほど広くなく二人で浸かるのが精いっぱいです。
目隠しのためか横には木が植えられているけど、木の向こうは離れの庭なのでなくても いいのにと思ってしまいました。

内風呂がないためここで体を洗えるように、洗い場があります。

貸切の露天風呂へ。
貸切露天風呂は2つあり、50分間無料で借りることができます。チェックインが早かったので 夕食前にゆっくり浸かりに行きました。
予約した時間にロビーに行くと、宿の方がお風呂まで案内してくれます。 「年寄りでもないのになあ。」と思いながらも、私達の前をゆっくりと階段など、 足元に気を配りながら歩いてくれます。

案内されたのは手前の「帯解」、中は脱衣場があるだけで、洗い場はなく浸かるだけです。

湯加減まで見てくれて「少し熱いようです。」と言われたのですが、 そのまま浸かることに。
前の竹林を眺めながら、ゆっくり浸かっていようと思っていたのですが、 結局熱くて20分ほどで出ました。

本館の内風呂と・・・・

本館の露天風呂です。
前は竹林になっています。


到着編  部屋・風呂編  夕食・朝食編   宿りすと 
奈良偲の里 玉翠
 静岡県賀茂郡東伊豆町    http://www.gyokusui.jp/